Displaying 1 - 10 of 11 entries.

脱毛は顔だけじゃない!ワキとか脚も

  • Posted on 8月 14, 2014 at

冬の寒い時はムダ毛処理もお顔の産毛処理で、たまに脇の処理をするくらいだけでよかったかもしれません。

しかし!暖かくなってきましたよ。もうムダ毛の処理も気を抜けないシーズンになってきましたよ。脱毛サロンのキレイモやクリニックで脱毛するならこの時期から行かないと間に合わないぞ!

a0070_000012

えっ、もう間に合わない!そっか、脱毛は1回だけではダメなんですよね。う~ん、でも行かないよりは行った方がいいぞ! 顔の産毛は、冬でもちゃんと処理しているから、後回しにして、まずは夏に海やプールに行こうと思っている人は脇と脚の脱毛から考えようか。体験でもいいけどね。
その後良ければ全身脱毛と言ったところでしょうか。

体験している時間はあるのか?! 春は、新学期とか新生活とか忙しい時期でもあるから、夏に向けての準備は考えられないかもしれないよね。

ゴールデンウィーク後でもいいかな。あっ、ゴールデンウィークに予定がなければその時に行くのもいいかもしれないね。新生活で疲れた体を癒すのも併せて安い脱毛サロンで脱毛をしてもいいね。

しきり1枚が気になるなら、無言で受ける脱毛に徹するしかない!!

  • Posted on 8月 10, 2014 at

脱毛サロンって個室のところもあるけれど、カーテン1枚のしきりのサロンも多いです。 VIO脱毛などのデリケートゾーンの脱毛なら、ちょっとカーテン1枚では不安ですが、そうでない部分なら私は、カーテン1枚のしきりでも全然気になりません・・・。

実際、ワキの脱毛をした時もカーテン1枚だったし、お客さんが入れ替わり立ち代りくるサロンでなければ、隣どうしにならないようにしてくれたりとサロンの人も配慮してくれます!!

私が脱毛に通っていた時に、実際に隣に誰かいたのも1年間で2~3回でした。 エステサロンの癒しの雰囲気を味わいたい人の場合は、カーテン1枚では雰囲気が出ないのでダメかもしれませんが、そうでなければ全然OKです!!

a1180_010631

私は、そんなことより上手にスピーディーに脱毛、生え残しなく脱毛してもらえれば満足です(^-^)v
私みたいな人が増えてきているからキレイモのような脱毛サロンが流行っているのかもしれないですね。

参照)脱毛熊本インフォ熊本市脱毛ナビ

でも、ちょっとはアジアンか南国の風が感じられるような雰囲気が漂っていれば、嬉しいな~っといったところです!!

手のケア大事

  • Posted on 2月 26, 2014 at

体の中で他より10年早く老ける場所があるそうです。
それは、なんと「手」だそうです。最も老化のサインがでやすいんだそうです。

手は、体のなかでも水やお湯に触れたり、一番日常で良く使いますよね。肌の乾燥を感じやすく、手荒れも気になります。

たしかに、顔は化粧とかで若くみえますが、手は、本当の年齢がそのままでてしまっているような気もします。

a0790_001102

エステとかでも、ハンドエステとかありますし、しっかりケアしていきたいですよね。
日常でできるハンドケアとしては、手を洗った時は、きちんと水気をとる事。

手に残った水分が蒸発するときに肌の水分まで一緒に奪われてしまい、乾燥を加速させてしまいますので、水気をとることは大切です。

ハンドクリームには、紫外線カットのものを使う事。紫外線はメラニン色素を増やし、顔と同様に肌のくすみ、シミやシワの原因となりますので注意が必要です。

洗剤を使う時はゴム手袋をする事。食器用洗剤や住宅用洗剤などに含まれる界面活性剤は手荒れの原因の一つです。
日常からできる、ハンドケアで手を若々しく保ちたいですね。

塩洗顔が話題に!?

  • Posted on 1月 9, 2014 at

どうやら最近「塩洗顔」が話題になっているそうです。その名の通り「塩」で顔を洗うのですが・・・
ただ、ゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷つけてしまうので気を付けてください。手に塩をなじませて手を顔に押し当てるようにしてなじませます。塩洗顔した後は、水分が奪われやすいのですぐに保湿してあげてくださいね。
これは浸透圧を利用した洗顔で、毛穴にたまった汚れを濃い濃度の食塩水が入って汚れをかきだします。

鼻の毛穴によさそうだよね。でも塩ってヒリヒリしそうな感じだけど・・・汚れが落ちるならば是非体験してみたいところです。

a1180_011014

意外と簡単にできるみたいですよ。無添加石鹸と自然塩で出来ちゃうみたい。他のやりかたもあったけど、これがシンプルで楽ちんそうでした。

さっそく私も作って試したいと思います。塩石鹸以外にもいろんな石鹸作りに興味をもちました。
やはり洗顔は・・・石鹸が一番しっくりくるよね。香りがよいアロマの石鹸もよさそうだよね。あー早くいろんな石鹸を作りたいよ!しっかりとした洗顔に美顔器でのケアも加えればいう事なしですよね。

蒸し大豆の作り方

  • Posted on 12月 1, 2013 at

缶詰やパウチもありますが、乾燥豆を常備しておくとほしいときにほしいだけ食べることができます。

蒸し大豆の作り方は簡単です。大豆を良く洗い、一晩水につけておきます。(200gの乾燥大豆に水600cc程度)ザルにあけて水気を切り、蒸し器で蒸します。中強火で30分~40分程度、指で押して簡単に潰れるようになったら出来上がりです。黒豆で作れば、ポリフェノールも摂れますし、電子レンジの蒸し器や圧力鍋を使ってもいいですね。

お肌を乾燥から守るには、皮脂バランスを整えることが大切です。栄養価抜群の蒸し大豆ですが油分が足りませんので、蒸し大豆にEXオリーブオイルや、インカインチオイルなど良質の油分をプラスすると乾燥肌対策にもなります。

a1180_011309

食物繊維とオリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサとなって腸内環境を改善し、便秘が原因でできるニキビ予防にも効果を発揮します。

蒸し大豆だけでも効果がありますが、ここに乳酸菌を加えれば、更に腸内環境が整いますので、より腸内環境を改善させたい場合はキムチやヨーグルトなどの発酵食品をプラスする良いでしょう。

煮るのも蒸すのも手間は同じなので、できれば蒸して美肌&美腸効果を高めましょう。

わきの毛の自己処理は大変

  • Posted on 11月 11, 2013 at

私は今まで脱毛サロンに行ったことがありません。更に家庭用脱毛器(※ケノン 効果)も買ったことがありません。

行きたいと思っているのですが、金額とかメニューとかよくわからなくてなかなか一歩踏み出せずにいます。なので自分で毛抜きを使って処理しています。毛抜きを使って脇の毛を抜くのはすごく大変でよく失敗します。

まず、体制がすごくしんどくてわきが良く見えないし、毛抜きを使って抜くと、根元からしっかりと抜けないものが多くて、毛穴がぽつぽつと黒ずんでしまいます。しかも厄介なのが、この毛穴のポツポツは消えないものが多く、毛穴の中で埋まってしまって出てきません。遠目から見てもわかるくらいに黒くなってしまうのですごく嫌です。でも、成功の秘訣があります。それは、お風呂上りにすることです。お風呂上りに抜くことで、毛穴が広がっているからすごく抜きやすくなります。

そうすると根っこからしっかり抜けるので、毛穴に埋まることが少なくて済みます。私はいつもお風呂上りに毛抜きで抜くようにしています。しかし、自分で処理するのはいいですが、やっぱりまたすぐに生えてきてしまってすごく頻繁に処理しないといけません。特に夏場は露出が多くなる時期なので念入りに処理しています。

そんなときに脱毛クリニックのことが恋しくなります。友人らはみんな脱毛クリニックに通っているのでもちろん自己処理はしていません。それなのにつるつるすべすべ、しかも黒ずみもない。うらやましいの一言です。

自己処理のいいところはやはり金銭面です。お金がかからないし、いつでも好きな時間にできる。しかし、脱毛クリニックならお金はかかってもしっかりときれいにしてくれるし、永久に生えてこなくすることも可能。しかもすごく楽。寝ているだけですべてやってくれるなんて夢みたいです。

もうこんな大変な思いをしなくて済むし。メリットがたくさんあります。私ももうすこしお金をためて脱毛クリニックに通いたいと思っています。来年の夏に向けてきれいな脇にしたいので挑戦してみたいです。

ボディエステの基本は食事指導

  • Posted on 11月 10, 2013 at

以前通っていたエステではまず普段の食事指導を重視されました。もちろんストレッチや運動も大事ですが、食事が暴飲暴食では意味がないからです。自分では特に問題ないと思っていても、予想以上に間食や脂肪、糖分の多いものを摂取していることを指摘されてしまいます。

調味料も細かくチェックされます。市販の醤油、昆布だし、中華だし、コンソメ、カレールーなどは気を付けないとすぐにカロリーオーバー、塩分取りすぎになってしまいます。野菜も自分ではたくさん入れているつもりでもこれを足した方がとすかさず注意されてしまいます。なかなかバランスの取れた食事を作るのって難しいなと痛感します。

飲み物や間食も高カロリーのものは多いですね。果物も調子にのっていっぱい食べてしまうとあっという間に糖質オーバーになります。甘い炭酸ジュース、砂糖入りのヨーグルト、スポーツドリンクはついつい疲れると飲んでしまいますが、これも太る原因となります。無糖のお茶がいいのはわかっていても甘いものや味の濃いものに慣れていると物足りないと感じてしまいます。

できるだけこんにゃくやわかめ、おからなどカロリー低め、糖質低めでお腹が膨れるものをと思うのですが、毎日そればっかりじゃ飽きます。ダイエットに成功する人は飽きないように上手に献立を考えられる人でしょう。

(参考資料サイト)
https://たかの友梨口コミたかのゆり評判.net/

イソフラボンとエクオールの関係

  • Posted on 11月 2, 2013 at

大豆に含まれるポリフェノール大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするため、美肌効果や更年期障害の改善などに効果があるとされてきました。しかし同時に大豆や大豆製品を摂ってもその効果には個人差があることもわかってきました。実はそれに深く関わるエクオールという成分があるのです。

エクオールはイソフラボンに腸内細菌が働くことによって作られます。イソフラボンの効果とはこのエクオールに由来するもので、エクオールこそがさまざまな身体の不調の改善や美肌などの役に立っているのです。

a1180_012217

エストロゲンは肌のコラーゲンを作り、繋ぎとめる重要な役割をしています。エクオールはエストロゲンが足りないとき、代わりに似た働きをして肌の乾燥やシワを改善・老化を防ぐとともに、抗酸化作用があるのでシミの改善や美白効果があります。

また、セラミドの合成や水分の蒸発を防いでくれるタイトジャンクションという部分に関与し、皮膚のバリア機能を改善させる可能性があることが分かったそうです。

ピグノジェノールの美肌効果

  • Posted on 10月 3, 2013 at

ポリフェノールの1種であるピクノジェノールは欧米の各研究機関では40年以上もの研究実績があり、現代最強の抗酸化物質といわれているそうです。

フランスワインの名産地にあるボルドー大学の名誉教授が1947年に発見した成分で、フランス海岸松の樹皮に生体に有効なフラボノイドが多量に含まれていることがわかりました。

その後、アトピー性皮膚炎や皮膚ガンなどの治療にも有効な美肌成分として研究され、皮膚に対して無毒性も検証されて非常に強力な天然の抗酸化物質であることが判明したそうです。

抗酸化力はビタミンEの50倍、ビタミンCの20倍とも言われ、ビタミンCの保護にも力を発揮するそうです。また、肌細胞の損傷や炎症から守ってくれる働きもあるので肌荒れの予防にもなります。

a1180_012937

樹脂から発見されたものなので、インナーケアとしてはサプリメントからの摂取になりますが、欧米では「飲む化粧品」として人気だそうです。

また、アウターケアとして美容液などで皮膚に塗ると、紫外線障害の防止にも有効と言われています。基準の厳しいアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)の認定も受けている成分なので、インナーケアとしてもアウターケアとしても安心して美肌アイテムに取り入れられそうですね。

美肌ビタミン、ビオチン。

  • Posted on 9月 4, 2013 at

サプリメントやジュースの栄養表示などでよく目にするビオチンですが、他のビタミンB群と比べて知名度は低いのですが、実は美肌のために必要でとても高い効果を発揮してくれるのです。

ビオチンは、1935年にオランダのケーグルによって卵黄の中から発見され、ビタミンH・ビタミンB7とも呼ばれています。ビオチンは血液をスムーズに循環させる力を持っていますが、美肌という観点で重要なのは皮膚の機能を正常に保ってくれるということです。

a1370_000431

ビオチンは皮膚の炎症を抑え、コラーゲンの生成にも関わっており、皮膚が再生する力を高めたりもしてくれます。ビオチンが不足するとツメが割れやすくなったり、湿疹ができやすくなったり、寝付きが悪くなったりします。逆にビオチンを摂ることでハリのある弾力肌を維持し、酵素の働きを助ける補酵素として糖の代謝も促して肌コゲ防止にも効果があります。

ビオチンの摂取目安は成人女性で45mg、妊婦で47mgと言われていますが、過剰摂取による副作用も特にはないので、気軽に沢山摂取しても問題ないビタミンのひとつですね。